専門ケアと自宅ケア

薄毛や抜け毛が目立ち始めた時、あなたはどのようなケアを考えるでしょうか。
育毛や発毛に効果があるとされている、
ミノキシジル配合の育毛剤や養毛剤の使用を考える人は多いことと思います。
AGA(男性型脱毛)の場合は、男性ホルモンを抑制することも、
ケア方法のひとつでしょう。
そうした自宅で出来るケアに加えて、
専門医による治療を受ける人が、近頃は増えているようです。


発毛や育毛のために「成長因子」と呼ばれるたんぱく質はなくてはならないものです。
あまり聞き慣れない言葉かと思いますが、
これは、毛髪の根元である毛乳頭で発生し毛母細胞に働きかけ、
細胞分裂を促し頭皮から見える部分である「毛髪」を成長させる役目を担っています。

このたんぱく質は、体内に保有されているものの他に、
実は体外から補給することも可能です。
現在のところは市販の育毛剤や養毛剤に、
これらの成分を配合したものはまだ少ないのですが、
開発が進んでたくさんの種類が販売されるのは目前とも言われています。
ですので、今現在の治療法ということであれば専門の医療機関で、
注射という形で頭皮に直接注入してもらうのが主流でしょう。
医療機関と聞くと、二の足を踏む人もいらっしゃるかもしれませんが、
効果が確実なことから訪れる人は年々増えていますし、
それによって悩みを解消した人も少なくありません。

成長因子の活性化を促す、専門の医療機関での治療と自宅で出来る育毛剤や
シャンプーによる頭皮ケア、これらはどちらも大切なことなのです。
ですから、薄毛や抜け毛が気になりだしたという人は、
出来るだけ早いうちに、これらのケアを始めてあげた方が良いでしょう。