髪は女性の命

以前は、男性に多いとされてきた抜け毛や薄毛の悩みですが、
近頃では女性の中にも、こうした悩みを抱える人が増えているようです。
美しい頭髪を維持することは、女性にとってはお肌の健康と同じくらい重要なことです。
どれだけおしゃれをしてみても、肌の状態やヘアスタイルが決まらなければ、
テンションは随分と下がってしまいます。
ですが、ドライヤーの熱やヘアスプレー、ワックスなどで髪が傷む機会も多く、
更にはストレスや睡眠不足といったことが重なり、
薄毛や抜け毛になってしまう女性は多いようです。

AGA(男性型脱毛)とは違い、女性の毛髪に関する原因は複合的だと言われています。
女性ホルモンのバランスや生活習慣の乱れ、
それらに加えて近頃ではストレスも大きな原因のひとつとなっているようです。
ですから、思い当ることからひとつひとつ解消していくことが大切なのですが、
それと併せて育毛にとって最も重要な、
成長因子が正常に働いているかどうかを確認することも忘れないようにしましょう。

成長因子とは、毛髪の育成を促進してくれるたんぱく質の一種で、
毛髪の根元である毛乳頭にあり、古い毛髪が抜け落ちる時期を見計らって、
新しい毛髪の成長を促す役目をしています。
薄毛や抜け毛は、さまざまな生活習慣の乱れやストレスによって、
代謝機能が低下したことに加え、この成長因子の活動が低下することで起きるのです。
ですから、ストレスケアや食生活、生活習慣の改善をしても
発毛や育毛効果が表れてこない時は、
女性の毛髪専門の専門医を訪ねるなどして成長因子の状態を診てもらいましょう。
大切な場所だからこそ、ストレスになってしまわないうちにケアすることが大切です。